消しゴムハンコの梱包〜ボン子の場合〜

シェアする

こんにちは消しゴムハンコ作家のボン子です。

えと、今日はそれらしく消しゴムハンコの梱包のお話。

スポンサードリンク


消しゴムハンコをお客様の元へ発送する時の梱包をご紹介したいと思います。

簡単、綺麗、安全

消しゴムはんこは言うまでもなく“ゴム”で出来ています。

なので直接ビニールに入れると温度が高かったり長時間そのまま放置してしまうとビニールにくっ付いてしまいます。
また、ハンコですので“カケ”てしまったら綺麗に押せません。

なので私はまずコピー用紙をハンコの幅にカットして包むハンコを押します。
ただ紙で包んでしまうよりパッと見てどのハンコか分かるから可愛いでしょう( ´ ▽ ` )

練り消しでインクのお掃除忘れずに

クルリと巻いてマスキングテープで止めます

可愛くなぁれ

メッセージと、ハンコに関する注意書きの紙を添えて…

ビニールに入れてタグを付けたら封筒へ

封筒には自分の住所、お客様のご住所を記入する枠ももちろん自作のハンコ。

ここから新たなオーダーに繋がる事も多いので割と頻繁にリニューアルをオススメします(≧∇≦)

量の多い時の発送の梱包はまた今度。

ご清聴ありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

Posted from するぷろ for iOS.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

他の記事も見てみてね!
スポンサーリンク