消しゴムはんこ、販売する時の梱包

シェアする

消しゴムはんこを彫っていてイベントに出す時とかの割と一般的な梱包をご紹介

そんなに数出さない時やカフェの片隅なんかに置いてもらう時はまたそのディスプレイ方法に応じて変えるのですが今日は“ヘッダー”を使った梱包です。

スポンサードリンク

今回使うはんこはこちら

ちょっと華やかでお気に入り。
彫るのは大変だったけどたくさんお嫁にも出したデザインです

ペタペタ押したら

カットするのはこのロールタイプがすごく使いやすい!紙が引っかからないし、定規に沿って切れるので切り口も綺麗に切れます。
(カッティングボードは忘れずに)

たくさんのお客様に触れて選んで頂くうちに紙の角が折れたりするのが気になるので角を丸めるパンチングカッターで角を切り落とします。
因みにこちら、私は無印良品で買いました。
今も売ってるのかな。

屋号のはんこを押して半分に折ります。
私は裏側にブログのURLのはんこを押してあります。(写真撮り忘れました(´・_・`))

完成!

はんこをお名刺と共に入れた袋の上を挟んでホチキスでパチン!

紙さえ作ってしまえば梱包はすごく簡単ですよ!

Posted from するぷろ for iOS.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

他の記事も見てみてね!
スポンサーリンク