マックの「北のいいとこ牛(ぎゅ)っとバーガー」を食べてみたよ!

シェアする

今日はお仕事がお休みだったので子供達と勉強しに近所のカフェにでも行こうかと思っていたのですが、思いのほか腹ペコだったのとコスパも考えマックへ行ってみる事にしました。

スポンサードリンク

「北のいいとこ牛(ぎゅ)っとバーガー」

日本マクドナルド史上初の名前募集バーガー

「北海道産ほくほくポテトとチェダーチーズに焦がし醤油風味の特製オニオンソースが効いたジューシービーフバーガー(仮称)」

というなんとも長々とした仮称から正式名称

「北のいいとこ牛(ぎゅ)っとバーガー」(これでもまだまだだいぶ長い…)となったこちらのバーガーを注文してみました

さてさて…
オープン‼︎

わ…ちょっとこのパンの色可愛い(≧∇≦)

ペロリ

マッシュポテトとベーコンがいますね!

二枚目ペロリ

パテとチーズがいました。

横から見るとこんな感じ

タマネギのソースがはみ出していて美味しそう…

そして…実食‼︎

(実食‼︎って言いながら食べ終わりそうな勢い)

料理の味がする

率直な感想は料理の味がするです。

そんな言い方したら語弊があるかもしれませんが、

私のマックの印象はもう完成された具材とソースをただ重ねて行く感じ(でも本当に計算し尽くされていて美味しいバランスなので好きなのですが)

こちらのバーガーはマッシュポテトはバターの風味。

タマネギソースは甘くとろりとしていて、どちらもパテの「マックらしい味」を丸く包みにいく感じ。

フライパンで料理したのかな…

みたいな想像さえしちゃいそうなパーツの組み立てなバーガーでした。

私にとっては1年以上ぶりのマックだったので、「ザ!マック」っていうケチャップな味だったり、パテの強い塩気を求めていたせいかちょっと物足りなさも感じてしまいました。

でも以前はあまり感じられなかった店員さんの細やかな接客含め企業努力を感じる久々のマックランチでございました!

あ、ちゃんと勉強もしましたよっと!(≧∇≦)

Posted from するぷろ for iOS.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

他の記事も見てみてね!
スポンサーリンク